ScriptAPIアドオンの作り方 #1 アドオンフォルダの準備

スポンサーリンク

このブログでは、ScriptAPIを使ったアドオンの作り方を一から解説していきます。

記事の構成

  • #0 アドオンの基礎知識
  • #1 アドオンフォルダの準備 (ココ)
  • #2 コードを書いてみよう

必要なもの

  • 統合版マインクラフト
  • Windows PC または iPhone/iPad
  • テキストエディタ (vscode推奨)

1. 「com.mojang」フォルダを見つけよう

まず、マインクラフトのデータが保管されている「com.mojang」フォルダを見つけましょう。このフォルダにはマイクラ内のアドオンワールドデータが入っています。

「com.mojang」フォルダの場所

  • iPhone/iPadの場合: このiPhone内 > Minecraft > games > com.mojang
  • Windowsの場合: 「win + R」で開いたウィンドウに次を入力
    %localappdata%\Packages\Microsoft.MinecraftUWP_8wekyb3d8bbwe\LocalState\games\com.mojang

2. 必要なフォルダとファイルを作成しよう

com.mojang」フォルダを見つけたら、その中の「development_behavior_packs」フォルダに、フォルダとファイルを作成します。
iPhone/iPadの方は、ファイルアプリではファイルを作成できないので、ここからはテキストエディタアプリを使いましょう。

Group-14.png

必要なフォルダとファイル

  • sampleフォルダ: アドオンのフォルダ。今回は「sample」と名付けますが、自由に名前を付けてください。
  • manifest.json: アドオンの名前や種類などを定義するファイル。内容は後ほど説明します。
  • pack_icon.png: アドオンのアイコンの画像。なくても大丈夫です。
  • scriptsフォルダ: プログラムを入れるフォルダです。
  • main.js: プログラム本体。JavaScriptを使うため拡張子は「.js」です。名称は自由ですが、慣例的に「main」としています。今のところは何も書かなくて大丈夫です。

豆知識

development_behavior_packs」フォルダに入れたアドオンは、マイクラに入れ直さずに編集・更新できるので、手間を省くことができます。

3.manifest.jsonを設定しよう

次に、manifest.jsonに以下の内容をコピペしてください。

{
"format_version": 2,
"header": {
"name": "sample",
"description": "サンプルのアドオンです",
"version": [1, 0, 0],
"uuid": "6bd95b1d-9135-4355-bbca-fd0dd20ae73c",
"min_engine_version": [1, 21, 0]
},
"modules": [
{
"type": "script",
"description": "",
"version": [1, 0, 0],
"uuid": "55f70a29-67d3-422a-aa89-3c579734f93c",
"language": "javascript",
"entry": "scripts/main.js"
}
],
"dependencies": [
{
"module_name": "@minecraft/server",
"version": "1.11.0"
},
{
"module_name": "@minecraft/server-ui",
"version": "1.1.0"
}
]
}
  • uuid:
    アドオンの識別子。この値が変更されると別のアドオンとして認識されます。UUIDジェネレーターなどで生成してください。
  • dependencies:
    利用するモジュール
    今回は「minecraft/server」の安定版1.11.0、「minecraft/server-ui」の安定版1.1.0を使用します。
  • module_name:
    モジュールの名前
  • version:
    モジュールのバージョン
    ベータ版ではこの値がアプデによって変わるので、manifest.jsonの書き直しが必要になってしまいます。

この時点で、次のようにアドオンが生成されているか確認してみましょう。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2024-06-16-034024-2.png

追記
06/28以前に閲覧した方へ、manifest.jsonのdependenciesのについて誤りがありました。
@minecraft/serverのverisonが “1.12.0” となっていましたが、正しくは “1.11.0” です。

最後に

この記事 (#1) では、必要なアドオンのファイルとフォルダを作成しました。次回の #2 では、プログラムを書いてアドオンを完成させていきます。

#0 ScriptAPIアドオンの作り方 #0 基礎知識 
#1 ココ
#2 ScriptAPIアドオンの作り方 #2 コードを書いてみよう

参考URL

※投稿記事に含まれるファイルやリンクにより発生した被害についてクラフターズコロニーは責任を取りません
投稿通報

コメント

  1. manifest.jsonについて、@minecraft/serverのverisonに誤りがありました。
    “1.12.0” となっていましたが、正しくは “1.11.0” です。

コメント通報