【コマンド解説】part4ー〜設置・破壊可能も〜giveコマンド

スポンサーリンク

はじめに

今回は、giveコマンドについて解説します。

giveコマンドとは、プレイヤーにアイテムを与えるコマンドです。構文は、以下のようになります。

/give [セレクター] [アイテム名] (個数) (データ値){その他}

では、セレクター、アイテム名、データ値、その他の部分を具体的に解説していきます。

セレクター

セレクターとは、この場合アイテムを渡す対象をさします。これに関してはセレクターの記事をご覧ください。

【コマンド解説】part3ー座標について
...

アイテム名

与えたいアイテムの名前を半角で入力します。アイテムid一覧はこちら

【マイクラ統合版】ブロックID一覧!検索機能付き【スイッチ/PS4など】
マインクラフト統合版(Bedrock Edition)に対応した、ブロッグID・アイテムIDをまとめています。 コピーして使えるgiveコマンド付きです。 コマンドでしか手に入らない、隠しブロック・隠しアイテムも紹介しています。

データ値

データ値とは、同じくくりにありながら別のアイテムがあるということです。例えば、木材というくくりがあり、データ値が0だと樫、1だとトウヒになります。また、存在しないデータ値を指定すると0になります。データ値も上のサイトに載っています。

トウヒの木材を64個出すときはこうなります。

/give @p planks 64 1

その他

ここでは、設置可能、破壊可能コマンドの書き方を紹介します。

この構文を付け加えると、アドベンチャーモードの時でもブロックを設置する、破壊することができます。

データ値のあとに以下の文を書いて下さい。

【設置可能】

{"can_place_on":{"blocks":["設置可能先のブロックID"]}}

【破壊可能】

{"can_destroy":{"blocks":["破壊したいブロックID"]}}

また、複数個破壊、設置したい場合は

{"can_place_on":{"blocks":["ブロックID1","ブロックID2"]}}

このようになります。ぜひアドベンチャーマップなどに使ってみて下さい。

覚えておきたいアイテムID

ここでは独断と偏見でよく使うIDを教えます。

コマンドブロック・・・command_block

ダイヤモンドブロック・・・diamond_block

金ブロック・・・golden_block

鉄ブロック・・・iron_block

ダイヤ剣・・・diamond_sword

バリアブロック・・・barrier

土・・・dirt

草・・・grass

石・・・stone

木材・・・planks

ボタン・・・button

レバー・・lever

他にも使うIDがあったら教えて下さい!

終わりに

今回はgiveコマンドについて解説しました。

次回はコマンドブロックの特性や使い方を解説します。

お楽しみに!

【前回】

【コマンド解説】part3ー座標について
...

【次回】

※投稿記事に含まれるファイルやリンクにより発生した被害についてクラフターズコロニーは責任を取りません
投稿通報

コメント

コメント通報