Despair of everlasting humanity (更新再開)

2024-01-05_18.13.12-3dfa168a
スポンサーリンク

昔々全てがブロックで出来た世界がありました。その世界はとても平和でゾンビやスケルトンなんて一体もいませんでした(地球のように人々が争うことはあった)。しかしそれはある一体のアンデッドモンスターによって平和は壊されました。”奴”はネザーから現れ(ここからは”使徒”と呼びます)、人々を蹂躙し始めました。人々は強力な兵器を使い、抵抗しましたがどういうわけか”使徒”には少しのダメージしか与えられず、いつの間にか人類の99%は絶滅しました。残った人々も知能を奪われました。(そして何故かハゲになりました。)

大体数百年後、世界には”使徒”が作りだしたであろう神格生物に溢れゾンビやスケルトンなどのモンスターがうろつくとても危険な世界になりました。

あなたの役目はとてもシンプルです。20体以上存在する。神格生物と”使徒”を討伐することです。

これはMODではなくMODPACKというものです。ダウンロードするにはCurseForgeをインストールする必要があります。CurseForgeでまず”より多くのアドオンを取得する”というタブでTitan questと検索するとでるはずです。詳細は各自で調べて下さい。

プレイする前に知っておくべきこと

Despair of everlasting humanityのモンスターは”使徒”による影響で現在のMinecraftのモンスターとは比べものにならないほど危険で種類が多いです。特に序盤から洞窟などに近寄るのはやめましょう、蜘蛛に食われるだけです。

インベントリの左上らへんの青い本をクリックするとクエストを確認できます。そこでは倒していない神格生物の一覧や達成すべきクエストを確認できます。

生物の大まかな分類

Despair of everlasting humanityの生物は大まかに5つに分類できます。

1.通常生物 (村人や動物、ゴブリントレーダーなど)

“使徒”の影響を受けていない生物です。彼らはプレイヤーにとって安全ぜ有益な生物です。

2モンスター(ゾンビやスケルトン、クリーパーなど)

“使徒”の影響を受けた生物です。通常生物とは比べものにならない戦闘力とスピードを兼ねそろえています。一部の動物も影響を受けているようです。(ホグリンなど)

3エリート(ナーガ、ミュータントゾンビ、ヒドラなど)

より強力な生物です。特殊能力を持つものも多く非常に強力です。

4グランドマスター(エンダーセントやミュータントウィザースケルトン、エルダーガーディアンなど)

神格生物に非常に近い生物です。戦うなら十分な準備をしてください。

5神格生物(イグニスや破損した帝王やウィザー、エンダードラゴンなど)

神々です。どっかの三つ首の白龍よりも遥かに強く倒すのは不可能と言われています。戦うなら最強の装備をそろえて下さい。

グランドマスターの例

エリートエンダーラベジャー  エンドの生物だがオーバーワールドにもたまにいる。飛び道具をたまに回避する。目を合わせなければおとなしい。

エンダーセント  グランドマスタークラスにもかかわらずエンドに多く出現する。基本は無視するのがよい。

燃え盛る霊魂 神格生物のイグニスを守護するアンデッド。盾で攻撃防ぎつつ相手を切り裂く。基本的に物理攻撃ははじかれるがスキができる時があるらしい…

神格生物の例

エンダードラゴン エンドに住む巨大なドラゴン。非常に頑丈な身体をしておりクリスタルで回復することも出来る。戦う場合は周囲にいるミュータントエンダーマンやエンダーマンラベジャーに注意。

ウィザー 好戦的なアンデッド。決して強いほうではないが周囲の地形を壊しまくる厄介な生物です。

病的な収穫者 アンデッドのように見えるが死神という種族。好戦的だが人間は弱すぎると考えているためか人間たちには攻撃はしてこない。攻撃方法は2つの腕を相手に刺す以外の攻撃は確認されていない。

イグニス 強大な力を持つブレイズ。剣で切りつけた相手から生命力を吸い取ったり盾で攻撃を防ぐことが出来る。神格生物の中では3番目に強いと言われている。更に相手が強ければ強いほど彼の力は増すらしい…

ネザライトの怪物 ”使徒”が自身を守るためにつくったが放棄されたと言われている。地面をたたいた時の爆風で攻撃する。神格生物の中では攻撃力はトップクラス。

念のためダウンロードURLを貼っておきますがCurseForgeでダウンロードすることをお勧めします。

※投稿記事に含まれるファイルやリンクにより発生した被害についてクラフターズコロニーは責任を取りません
投稿通報

コメント

コメント通報